下取りと買取、そのメリットとデメリット

車の下取りとは新車や中古車を購入する際に既に所有している車を新しい車の代金の一部として引き取ってもらうことで、以前から日本ではポピュラーな買い替えの方法ですが最近は買取専門店が増えているため必ずしも下取りを利用する必要がなく、車を購入する店とは別の店で買取ってもらう人が増えています。


車の買取専門店は90年代半ばごろから全国的に増え始め全国展開する大手も複数存在しており一般への認知度も高くなっています。

ディーラーなどで下取りされたり専門店で買取られた車は中古車として市場に出ます。
買取と下取りで流通経路に多少の違いがあったとしても、最終的な販売価格はほぼ同じになります。
であれば、複数の店で査定を受けられる買取の方が高く売れるチャンスが多い、これが買取のメリットです。

しかし、下取りに比べるといかにも手間がかかり商談も何回も行う必要があります。これが買取のデメリットであり逆に同じ店、同じ担当者と商談することが出来て手間がかからないのが下取りのメリットということになります。

また市場価値の無いような車の場合買取店では費用がかかったり引き取ってもらえない場合もあるようですが、購入する店が引取りを拒むことはまずありませんのでこれも下取りのメリットの一つかもしれません。

では下取りでの価格は買取と比べてどうなのでしょう?

下取りの場合その店で車を買うのだから高く査定してもらえると思っている方は意外に多いようです。
が、これは正直に言って勘違いです。

下取りを利用すればそれはディーラーから見ると下取り車を売却しないと代金を回収できないということになります。
現金やローンで全額払う場合に比べて手間もかかりますし、ましてや高く査定して損をするリスクもあります。

従って下取り査定ではそのリスクを考慮に入れて無難な線で価格を提示してくることが多いようです。
またディーラーの担当者は必ずしも査定のプロとは限りませんのでなおさら「無難」な提示になるでしょう。

この辺りが下取りのデメリットとなります。

つまり
「とにかく面倒なのはイヤ、手っ取り早くすませたい」って方は下取りを
「少しでも高く売りたい、ちょっとくら手間がかかってもいい」って方は買取を利用すると良いでしょう。

ボディカラーと買取価格

  • このエントリーをはてなブックマークに追加