ボディカラーと買取価格

日本で人気のカラーは白と黒です。

色の好みは国や地域によって違うのですが、日本では昔から白と黒に人気が集まっており特に白は流行などに影響されることが少なく安定した人気を集めています。
また最近では普通の白よりも「パールホワイト」のような白に人気が集まっています。


新車の価格は研究開発費や原材料費・製造コストなどから決まります。
人気がないからと言って大きく値崩れすることはありません。
人気がなければ作らなければ良いだけで、製造時点で需給調整が出来るからです。

対して中古車の場合は当然既に製造され市場に出ているわけですから、市場に存在する数に対して需要が極端に少ない場合は大きく値を崩すことも有り得るのです。

安定して人気のある白や黒は流通量も多いですが需要も安定しているため値崩れしにくく、車種によってはプラス査定になる場合もあります。
(逆に言えば不人気カラーの場合はマイナス査定になります)

従って売却する車のカラーが白や黒の場合はその点を担当者にアピールすることで買取価格が上乗せされる場合もありますのでアピールしておいて損はないでしょう。
その他の不人気カラーの場合はあえて自分から色の話題を持ち出す必要はないでしょう。
担当者が見落とすとは考えにくいですが、自らに不利な話題をあえて持ち出す必要はどこにもありません。

下取りと買取、そのメリットとデメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加