車を高く売るために知っておきたい4つの事

車を売るなら高く売りたいのは誰でも同じことでしょう。
では高く売る為の具体的な方法にはどのようなものがあるでしょう?

洗車や車内清掃は最も重要

車を売る場合には買取店の査定士から好印象をもってもらうことも重要です。

相手は毎日多くの車を査定しているプロですから小細工をしても見抜かれてしまいますが、査定する自動車やオーナーに対する印象を良くすることは出来ます。

多くの査定士はボディよりも車内の状態を重視します。車内の様子を見ればその車両が日頃どのように扱われていたかが分かるからです。

車内はキレイに掃除機をかけシートのしたも忘れずに掃除しましょう。ダッシュボードなどは雑巾(出来れば科学雑巾)で埃やチリを取り除いておきましょう。

ボディは洗車し出来ればワックスがけもしましょう。

忘れてならないのはトランクです。
不要な物は全て取り出しスペアタイヤや車載工具などの装備品だけにしておきましょう。

車内の臭いは消臭しましょう

タバコ臭や動物臭などは出来るだけ取り除いておきましょう。

自分が買う側の立場で考えれば分かると思いますが、購入しようかと検討している車のドアを開けたとたんタバコの臭いが襲ってきたり、動物臭さが漂っていたら購入する意欲も失せてしまいます。

カー用品店などで消臭製品がたくさん売っていますのでこれらを利用して臭いを出来るだけ消しておきましょう。

記録簿や説明書は必需品と心得よう

点検記録簿は車の履歴書です。

これを見ればリコールが出た場合に対処済みであるかなど販売店や次の購入者が知りたい情報が得られます。
逆に記録簿がなければ購入者はそれらの履歴について確認できないまま購入することになりますから当然価格が安くなければ買わないでしょう。

また以外と忘れがちなのが取扱説明書です。
最近の車はオーディオやナビなど標準装備のものも多く、説明書がなければこれらの装備が使えません。
「いや、そのくらい説明書なくても使えるでしょ」ってのは売る側の身勝手な考えで、買う側にとっては大きな不安要素になります。
当然査定士はそういうことを分かっていますので説明書がなければ査定においてマイナス要素になってしまうのです。

車内清掃をしたときに「点検記録簿」と「取扱説明書」の所在を確認しておきましょう。

大切に扱っていたことをアピールするのも重要

例えば定期的にオイル交換していてその記録が残っているような場合は積極的にアピールしましょう。

禁煙車は中古車市場でも人気がありプラス査定の要素となります。
また新車のときからシートカバーを外さずに乗ってきた場合など、シートがキレイなことをアピールすればプラスになる場合があります。

その他、自分が大切にしてきた点を査定士にアピールするのは査定アップの重要なポイントです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加